VC-CLX51とVC-CLX50違いを比較!どっちがおすすめ?

生活家電

VC-CLX51とVC-CLX50違いを比較!どっちがおすすめ?なのかまとめました。

東芝からトルネオシリーズで発売されたコードレスの掃除機でどちらも上位クラスモデルになります。

VC-CLX50は2021年9月に発売され人気の商品。

VC-CLX51は2022年9月発売の新型の掃除機です。

見た目は同じように見えますが、違いを比較したところ3つでした。

  • カラーバリエーション
  • ヘッドのつくり
  • ライトの有無

この3つの違う機能ですが、まずカラー展開の違いでイメージが変わりました。

更にどちらもヘッド部分は丸洗いできるので衛生的で好評価部分です。

そして掃除機にライトの搭載ということで、VC-CLX51とVC-CLX50違いを比較して、どっちがおすすめなのか、本文にて詳しく書いていきたいと思います。

▼2色展開VC-CLX50のグランレッドはこちら

created by Rinker
東芝(TOSHIBA)
¥42,700 (2022/09/28 19:15:54時点 Amazon調べ-詳細)

▼VC-CLX50のピンクブロンズはこちら
東芝 VC-CLX50(N) ピンクブロンズ トルネオ ヴイ コードレス [サイクロン式スティッククリーナー] 新生活

VC-CLX50の口コミレビューや評価!吸引力について詳しくはこちら>>>
▼2色展開
VC-CLX51シャイニーシルバーはこちら

▼VC-CLX51ボルドーブラウンはこちら

VC-CLX51の口コミレビュー評判を詳しくご紹介はこちら>>>

東芝トルネオコードレスVC-CLX51とVC-CLX50違いを比較!

東芝トルネオコードレスVC-CLX51とVC-CLX50の違いを徹底比較しました。

大きな違いが3つです。

  • ヘッドに新しい機能が!
  • カラーバリエーションが新色に♪
  • なんとライトまで

詳しく説明しますね。

違い①ヘッドの機能

特に大きな変化はヘッドにあります♪

新型VC-CLX51には、カラミレスヘッドを採用

髪の毛や糸くず、今まで絡みついていたものが絡みにくくなるように設計されています。

旧型のVC-CLX50にはラクトルパワーヘッド

こちらの機能は、フローリングやじゅうたん等、床に合わせて回転を変化させゴミの吸引に役立ちます。

 

もともと、Agブラシを採用し、静電気を抑えブラシや床のゴミが絡みにくい設計になっており、滑らかな動きを可能にしていたのです。

からみにくく、お手入れもしやすい設計だったのに、さらにゴミがブラシに巻き付かないようVC-CLX51のブラシは進化しました。

ブラシに巻き付いた髪の毛や糸くずなど、お手入れは大変ですよね。

せっかくお掃除してもヘッドにものが絡まっていてはきれいになるものもなりません。

VC-CLX51は、そんなヘッドのお手入れを楽にしてくれ、快適にお掃除、お手入れができますね。

VC-CLX51とVC-CLX50もスイスイ動く自走式なので、軽いのは同じです。

それに、どちらも丸洗いでき衛生的に保つことが可能です。

 

違い②カラー展開

VC-CLX50は、2色展開の

  • グランレッド
  • ピンクブロンズ

VC-CLX51は、2色展開の

  • ボルドーブラウン
  • シャイニーシルバー

どちらも二色展開になっており、お好きな色が選べます。

VC-CLX50は、華やかなイメージなカラーに対し、VC-CLX51はおちついたシンプルなイメージのカラーになっていると思います。

▼2色展開VC-CLX50のグランレッドはこちら

created by Rinker
東芝(TOSHIBA)
¥42,700 (2022/09/28 19:15:54時点 Amazon調べ-詳細)

▼VC-CLX50のピンクブロンズはこちら
東芝 VC-CLX50(N) ピンクブロンズ トルネオ ヴイ コードレス [サイクロン式スティッククリーナー] 新生活

VC-CLX50の口コミレビューや評価!吸引力について詳しくはこちら>>>
▼2色展開
VC-CLX51シャイニーシルバーはこちら

▼VC-CLX51ボルドーブラウンはこちら

VC-CLX51の口コミレビュー評判を詳しくご紹介はこちら>>>

違い③ライト有無

 

ライトの有無の違いです。

 

  • VC-CLX50は、ライト無し
  • VC-CLX51 ライト有り

VC-CLX51には、新しい機能としてライトが付きました。

ぴかっとライトは、取り外しも出来るので、ハンディにも使用することが可能暗いところのお掃除もできます。

車の中など、ちょっと暗いところもきれいにお掃除できますね。

東芝トルネオコードレスVC-CLX51とVC-CLX50はどっちがおすすめ?

東芝トルネオコードレスVC-CLX51とVC-CLX50はどっちがおすすめ?なのか気になりますよね。

先ほどお伝えした通り、違いは3つでした。

  • ヘッドに新しい機能が!
  • カラーバリエーションが新色に♪
  • なんとライトまで

違いを比較してどっちがおすすめなのかまとめました。

VC-CLX50はこんな人におすすめ

  • 華やかな色(グランレッドやピンクブロンズ)が好きな方
  • 明るい場所の掃除が多い方
  • 今までライトなし掃除機だったのでライトにこだわりがない方
  • 絨毯とフローリングがある方
  • 価格を少し抑えたい方

東芝トルネオコードレスVC-CLX50は鮮やかなカラーが魅力的です。

ピンクブロンズは、ピンクゴールドのような色合いなので、ゴージャスでかわいらしくお掃除に取り組む気分も上げてくれそうですね。

VC-CLX50にはライトがついていないため、明るい時間、明るい場所の掃除が多い方なら問題なく使っていただけると思います。

また、絨毯とフローリングがあり床にピタッとし、ブラシの回転を変化させ吸引するので、絨毯とフローリングがある方は、VC-CLX50が使いやすいです。

また、旧型なので価格が抑えられますよ。

▼2色展開VC-CLX50のグランレッドはこちら

created by Rinker
東芝(TOSHIBA)
¥42,700 (2022/09/28 19:15:54時点 Amazon調べ-詳細)

▼VC-CLX50のピンクブロンズはこちら
東芝 VC-CLX50(N) ピンクブロンズ トルネオ ヴイ コードレス [サイクロン式スティッククリーナー] 新生活

VC-CLX50の口コミレビューや評価!吸引力について詳しくはこちら>>>

VC-CLX51はこんな人におすすめ

  • ペットを飼っている方
  • 髪の毛が長い方
  • 暗い隙間なども掃除したい方
  • ヘッドの髪の毛が絡むぬが実はイライラしていた方
  • シンプルな色が好きな方
  • 最新型が好きな方

東芝トルネオコードレスVC-CLX51には、カラミレスブラシが魅力です。

髪の長い方、ペットを飼っている方にはおすすめですね。

また、ライトも大きな特徴の一つです。車など、暗い場所の掃除が多い方には、ゴミを見逃さずお掃除できるライト付きがおすすめですよ。

そして、色がシャイニーシルバーとボルドーブラウンでどのお部屋に置いても馴染みますね♪

▼2色展開VC-CLX51シャイニーシルバーはこちら


▼VC-CLX51ボルドーブラウンはこちら

VC-CLX51の口コミレビュー評判を詳しくご紹介はこちら>>>

東芝トルネオコードレスVC-CLX51とVC-CLX50の共通の機能

東芝トルネオコードレスVC-CLX51とVC-CLX50の共通の機能についてご紹介します。

特徴①付属品アタッチメント

付属品はどちらも、同じセットになっています。

スタンド ふとん用ブラシ、丸ブラシ、すき間ノズル、お手入れブラシ、ACアダプターがあります。

多くのブラシが付いているので、色々なところのお掃除が出来そうですね。

特徴②本体サイズ

本体のサイズです。

  • VC-CLX50 幅/26.6㎝ 奥行き/18㎝ 高さ/105.8㎝
  • VC-CLX51 幅/22.8㎝ 奥行き/18㎝ 高さ/107㎝

VC-CLX51のほうが少しだけっほっそり縦長になった感じですが、ほとんど変わらないですね。

特徴③稼働時間と重さ

VC-CLX50とVC-CLX51どちらも

  • 充電時間は2.5時間
  • 連続運転時間約35分
  • 重さ1.5㎏

充電時間、運動可能時間、重さはどちらも変わらず同じ設計になっているようです。

重さ1.5㎏は、一般的な掃除機に比べ軽量化されています。

特徴④フィルターレスで吸引力を維持

 

一般の掃除機でフィルターにゴミが目詰まりすることをはありますよ。

その目詰まりが吸引力弱める原因の1つで、フィルターに着目し、フィルターレスサイクロン構造になりました。

おかげで吸引力99%維持することでパワフルな吸引力で掃除の最後まで長持ちできます。

また、フィルターレスサイクロン構造は3つの構造になっていますのでご紹介します。

1.吸引力は99%以上維持

強力な気流によりゴミを圧縮します

6気筒の気流により、微細な粒子まで分離します(チリや花粉も)

目詰まりの原因になっていたサイクロン部のプリーツフィルターをなくしました。

2.強い吸引力を発揮

高速気流でゴミと空気を分離します。

3.ゴミ捨て簡単

強力な気流でゴミを圧縮(トルネードプレス)。

ゴミを約1/4圧縮できます。

特徴⑤ワイドな吸い込み口で自走式でラクラク進む

約21cmの幅広い吸い込み口により、より多くのゴミを吸い込めます。

また、自走式でラクラク進み細かいゴミまでしっかり吸引できる「ラクトルパワーへッド」を搭載しました。この自走式のおかげで前に進みやすいため、本体の重さ約1.5㎏より軽く感じます。

更に、99%菌を除去しできるようになりました。

特徴⑥ダスクボックスやブラシを丸ごと洗い

ダストカップにはゴミの付着しにくい加工がしてありホコリの舞い上がりを抑えます。

また、ダストカップや回転ブラシは丸洗いできるので衛生的に保つことができます。

ブラシを取り外すさいに、工具がなくても取り外せるので簡単にお手入れができるも魅力ですよね。

特徴⑦バッテリーの取り外し可能

 

バッテリーの部分を取り外し可能なので、掃除機を置く収納場所にコンセントがなくても安心ですよね。

また、本体にバッテリーを装着しながらももちろん充電は可能ですが、取り外しができるということは、東芝のスタンド以外にも選べる選択しもあります。

上記の東芝トルネオコードレスVC-CLX51とVC-CLX50の共通部分をまとめるとフィルターをなくし、とても軽くなっています。

フィルターがないため、お手入れもとても楽。

丸洗いが出来て、衛生的です。

バッテリーも取り外せて、バッテリーのみでの充電ができるため、収納場所にコンセントがなくても、本体は収納してバッテリーだけお好きな場所で充電ができるのです。

▼2色展開VC-CLX50のグランレッドはこちら

created by Rinker
東芝(TOSHIBA)
¥42,700 (2022/09/28 19:15:54時点 Amazon調べ-詳細)

▼VC-CLX50のピンクブロンズはこちら
東芝 VC-CLX50(N) ピンクブロンズ トルネオ ヴイ コードレス [サイクロン式スティッククリーナー] 新生活

VC-CLX50の口コミレビューや評価!吸引力について詳しくはこちら>>>
▼2色展開
VC-CLX51シャイニーシルバーはこちら

▼VC-CLX51ボルドーブラウンはこちら

VC-CLX51の口コミレビュー評判を詳しくご紹介はこちら>>>

VC-CLX51とVC-CLX50の違いを比較!どっちがおすすめ?のまとめ

東芝トルネオコードレスVC-CLX51とVC-CLX50の違いを比較をしてきました。

結果として、大きな違いは3つ。

  • カラーバリエーション
  • ヘッドの仕組み
  • ライトの有無

VC-CLX50には、床の形状に合わせ回転を調節してくれるラクトルパワーヘッド。

静電気を押さえるAgブラシ。

VC-CLX51には、髪の毛など絡みやすいものが絡まらないよう、カラミレスブラシ。

99%以上絡みにくいブラシになっています。

そしてカラーバリエーションは、

華やかでゴージャスな印象のVC-CLX50。

シックで、おしゃれな印象のVC-CLX51。

そして付属品

VC-CLX50にはついていない、ぴかっとライト。

お車など暗い場所のお掃除をよくされる方には便利かもしれません。

 

共通部分については、コンパクトで軽く、吸引力が落ちない設計。

バッテリーも取り外して充電でき、丸洗い出来てお手入れラクラク。

どちらを手にしても、お掃除が楽になり、清潔な空間を保てそうですね。

▼2色展開VC-CLX50のグランレッドはこちら

created by Rinker
東芝(TOSHIBA)
¥42,700 (2022/09/28 19:15:54時点 Amazon調べ-詳細)

▼VC-CLX50のピンクブロンズはこちら
東芝 VC-CLX50(N) ピンクブロンズ トルネオ ヴイ コードレス [サイクロン式スティッククリーナー] 新生活

VC-CLX50の口コミレビューや評価!吸引力について詳しくはこちら>>>
▼2色展開
VC-CLX51シャイニーシルバーはこちら

▼VC-CLX51ボルドーブラウンはこちら

VC-CLX51の口コミレビュー評判を詳しくご紹介はこちら>>>

タイトルとURLをコピーしました