テイクワンN1 PlusとX2の違いを比較!どっちがおすすめ?

生活家電

テイクワンN1 PlusとX2の違いを比較!どっちがおすすめ?なのかまとめました。

 

テイクワンN1 PlusとX2は、どちらも「掃除機+水拭き」機能搭載なので、どっちがおすすめなのか悩みますよね。

 

テイクワンN1 PlusとX2の違いはずばり7つ違います。

  • 吸い込み口
  • モード選択
  • 段差の違い
  • アプリで操作の違い
  • 色の違い
  • ダスクボックスの容量の違い
  • 価格の違い

吸引力、モード、アプリ搭載、色の違い、ダスクボックスの容量、価格と7つ違いますが、最新モデルテイクワンN1 Plusがすべてにおいて良いわけではありません。

 

簡単に操作したい方や価格を抑えたい方、生活にあった方があなたにとって使い勝手がいいですよ。本文に詳しくテイクワンN1 PlusとX2の違いを比較しながらご紹介します。

▼最新モデルテイクワンN1 Plusアイスホワイト

▼最新モデルテイクワンN1 Plusジェットブラック


テイクワンN1 Plusの口コミレビューや評判を詳しくみるにはコチラ>>>

▼テイクワンx2ホワイト


テイクワンX2の口コミレビューや評判を詳しくみるにはコチラ>>>

テイクワンN1 PlusとX2の違いを比較!

テイクワンN1 PlusとX2の違いを比較しました。

違いは7つ違います。

  • 吸引力
  • モード選択
  • 段差の違い
  • アプリで操作の違い
  • 色の違い
  • ダスクボックスの容量の違い
  • 価格の違い

詳しく7つご紹介します。

 

吸引力

テイクワンN1 PlusとX2は、吸引力に違いがあります。

 

どちらもペットの毛も吸い取れる吸引力はありますが、最新モデルテイクワンN1 Plusは、振動機能付きフローリングメインブラシを採用しています。

ブラシカバーが動くことにより凹凸のある床面にもぴったりと密着し、ゴミを逃さずキャッチします。

 

それに比べテイクワンX2は、吸引口が広くなっているので、こちらもペットの毛も吸い取れ、ブラシに絡まりつくイライラはありません。

 

<吸引力>

  • 最新モデルテイクワンN1 Plus・・・600-2700Pa
  • テイクワンx2・・・700Pa

 

掃除モード選択と音の違い

掃除モード選択の種類が違います。

 

最新モデルテイクワンN1 Plusの掃除モード機能は3つ

  • 59dBで清掃可能な「静音モード」
  • 吸引力と作動音のバランスに優れた「標準モード」
  • 週1回のしっかりお掃除に、2700Paの高吸引力で清掃する「強力モード」

音の静音性の強弱に優れています。

また、

  • オート
  • スポット
  • エッジ

の3つの掃除モードでコースを効率よく回ります。

 

テイクワンTake-One X2の掃除モード機能は4つ

  • オート
  • スポット
  • エッジ
  • 弓形走行清掃モード

ロボット掃除機の動きに対して4つのモード選択があります。

ここを重点的に掃除してもらいたいど、ご自身の思い描くコースを走ることでしょう。

 

段差の違い

ロボット掃除機を使うにあたり、気になるのが段差だと思います。

 

最新モデルテイクワンN1 Plusは、18㎜の低い敷居やカーペット、コルクマットも簡単に乗り越えられます。

 

テイクワンx2は、1㎝以上の高さのありカーペットや毛足の長いカーペットではご使用できないと取り扱い説明書には書いてあります。

 

アプリで操作の違い!予約投稿

どちらも予約投稿できますが、違いがあります。

 

最新モデルテイクワンN1 Plusは、リモコンとスマートフォンのどちらでも操作可能です。スマートフォンアプリなら外出先から掃除マップ機能でやり残しを防ぎ安心して掃除を任せることが可能です。

Wi-Fi記載モデルなので、時間指定、曜日指定の予約が可能です。

 

それに対しテイクワンx2は、スマートフォンアプリはなく、リモコン操作のみになります。スマートフォンアプリを増やしたくない方、リモコン操作でサクッと掃除したい方はリモコンだけでも十分な機能です。

Wi-Fi非対応なので、予約は時間指定のみの簡単設定です。

 

色の違い

色の違いは、最新モデルは2色展開の‎アイスホワイトとジェットブラックです。

テイクワンx2は、1色展開の‎ホワイトです。

 

▼最新モデルテイクワンN1 Plusアイスホワイト

▼最新モデルテイクワンN1 Plusジェットブラック

▼テイクワンx2ホワイト

ダスクボックスの容量の違い

ダスクボックスの容量の違いがあります。

最新モデルの方が、容量タンクと水タンクのどちらも大きくなりました。

  • 最新モデルテイクワンN1 Plus・・・680ml・水タンク350ml
  • テイクワンx2・・・275ml・水タンク65ml

 

価格の違い

価格の違いです。

最新モデルテイクワンN1 Plusは、2022年8月10日に発売された機種になりますので、テイクワンN1 Plusの方が少し高いです。

 

サイトにもよりますが、3,000円前後の価格の違いがあります。

 

サイズや吸引力を表で比較

 X2 N1 Plus
吸引力(単位Pa)700Pa600~2700Pa
水拭きタンク容量65ml350ml
ダスクボックス容量
275ml680ml(2in1ダストボックス:260ml)
乗り越えられる段差
1㎜以下18㎜
Wi-Fi×
サイズ幅300x奥行300x高さ77幅320×奥行320×高さ76
公式サイト価格19,800
22,800(税込み)

テイクワンN1 PlusとX2どっちがおすすめ?

テイクワンN1 PlusとX2どっちがおすすめかについてご紹介します。

テイクワンN1 Plusがおすすめな人

  • 最新モデルを使いたい
  • 外出先からアプリで管理したい
  • 自動充電機能が欲しい
  • 静音機能が欲しい
  • ブラックがいい
  • 家族やペットがいる
  • カーペットがある

▼最新モデルテイクワンN1 Plusアイスホワイト

▼最新モデルテイクワンN1 Plusジェットブラック


テイクワンN1 Plus口コミレビューや評判を詳しくみるにはコチラ>>>

 

テイクワンX2がおすすめな人

  • 初めてのロボット掃除機を検討している
  • 価格を抑えたい
  • リモコン1つで簡単操作がいい
  • 1人~2人暮らしX

▼テイクワンX2ホワイト


テイクワンX2の口コミレビューや評判を詳しくみるにはコチラ>>>

 

テイクワンN1 PlusとX2の共通の特徴

テイクワンN1 PlusとX2の共通の特徴をご紹介します。

 

掃除モード搭載

  • オートモード
  • エッジモード
  • スポットモード

お部屋の形状により走行線路を自動で調整しながら効率的な弓形で全体の掃除をします。

 

自動充電

電池がなくなると自動で充電台に戻ることが可能です。

 

掃除機+水拭きを同時に可能

テイクワンN1 Plusの方が、吸引力や水拭き機能が少しパワーアップしましたが、どちらも掃除機と水拭きが同時にできるので時間効率が良いです。

 

テイクワンN1 PlusとX2の違いを比較!どっちがおすすめ?のまとめ

テイクワンN1 PlusとX2の違いを比較!どっちがおすすめなのか調査しました。

違いは7つでたね(^^♪

  • 吸い込み口
  • モード選択
  • 段差の違い
  • アプリで操作の違い
  • 色の違い
  • ダスクボックスの容量の違い
  • 価格の違い

▼最新モデルテイクワンN1 Plusアイスホワイト

▼最新モデルテイクワンN1 Plusジェットブラック


テイクワンN1 Plusの口コミレビューや評判を詳しくみるにはコチラ>>>

▼テイクワンx2ホワイト


テイクワンX2の口コミレビューや評判を詳しくみるにはコチラ>>>

タイトルとURLをコピーしました