JPL-S100とJPL-G100の違いを比較!どっちがおすすめ?

調理家電

2022年7月に発売されたタイガー土鍋ご泡炊きJPL-S100と、2021年6月に発売されたタイガー炊きたて土鍋ご泡火炊きJPL-G100の違いを比較してまとめてみました!

JPL-S100とJPL-G100の違いは、3つです。

  • 連続ノンストップ加熱
  • 自立式抗菌加工しゃもじが付いている
  • 価格

以上が違うところです。

デザインはそこまで違いがなく、JPL-S100とJPL-G100はブラック、ホワイトの2カラーでどちらもキッチンに高級感や清潔感を出してくれるデザインになってます!

その他は、JPL-G100と同じで多機能で美味しいご飯食べられる炊飯器になってます♪

本文ではJPL-S100とJPL-G100の違いを比較してまとめてありますので、ご覧ください♪また、どっちがおすめなのかも詳しくまとめました。
▼2022年発売新型JPL-S100はこちら


JPL-S100の口コミレビューについて詳しくはこちらでご紹介>>>
▼2021年発売旧型JPL-G100はこちら

JPL-G100の口コミレビューについて詳しくはこちらでご紹介>>>

タイガー土鍋ご泡火炊きJPL-S100とJPL-G100の違いを比較

 

タイガー土鍋ご泡火炊きJPL-S100とJPL-G100の違いは3つあります。

  • 連続ノンストップ加熱
  • 自立式の抗菌加工しゃもじ
  • 価格の違い

です。

タイガー土鍋ご泡火炊きJPL-S100とJPL-G100の違いを比較しながら詳しくご紹介します。

違い1.連続ノンストップ加熱

 

JPL-S100の機能が、連続ノンストップ加熱の違いです。

連続ノンストップ加熱とは、大火力をキープしてても吹きこぼれないように、ハリツヤポンプの風で抑えられ、その技術によってかまどのご飯を炊飯器で手軽に味わえるようになりました。

JPL-G100に比べて内なべの中の温度が106℃キープ状態を1.5倍長く保てるようになりました。

それにより、お米の甘みは17%UP、粘りは3%UPし、更に美味しくなりました♪

違い2.自立式の抗菌加工しゃもじ

SIAA(抗菌製品技術協議会)に認められたしゃもじです!

抗菌効果によって大腸菌や黄色ブドウ球菌が増えるのを抑えられるので、食中毒の危険性も減らせるので安心してご飯が食べれます♪

梅雨時期や食中毒の流行る季節の時には使いたいですよね♪

違い3.価格

価格の違いですね。発売された期間で値段の差があります。

  • JPL-S100・・・2022年7月
  • JPL-G100・・・2021年6月

価格は、サイトによりますが5万円~7万円前後違います。

色もそこまで急激な変化がないので、価格で決めるのも1つの手ですね(^^♪

▼新型機能3つ搭載JPL-S100はこちら


JPL-S100の口コミレビューや調理モードについてはこちらでご紹介>>>
▼新型の半額!?JPL-G100はこちら

JPL-G100の口コミレビューについて詳しくはこちらでご紹介>>>

タイガー土鍋ご泡火炊きJPL-S100とJPL-G100のどっちがおすすめ?

タイガー炊飯器のJPL-S100とJPL-G100の違いは、3つでしたね。

  • 連続ノンストップ加熱
  • 自立式の抗菌加工しゃもじ
  • 価格の違い

では、どっちがおすすめなのか詳しくまとめました。

JPL-S100はこんな人におすすめ

  • 美味しいご飯ももっと追求したい
  • 甘いご飯が大好き
  • 新機種の炊飯器が欲しい
  • タイガー100周年記念モデルの響きがいい
  • 抗菌されたしゃもじを使って衛生的で美味しいご飯が食べたい

ご飯が美味しいと毎日の食事が楽しみになりますよね!

タイガー土鍋圧力IH炊飯JPL-S100は、新しい機能の連続ノンストップ加熱により、更に美味しい甘味があり粘りがあるご飯を毎日手軽に味わう事が出来ます!

新しい機能が加わり美味しくなる期待がある炊飯器はとても気になりますよね♪

また、SIAA(抗菌製品技術協議会)に認められたしゃもじなので、毎日安心してご飯を食べる事が出来て嬉しいですよね♪

なんと100周年記念モデルとあって最高の機能とデザイン全て盛り込まれていますので、100周年ってなんか惹かれてしまいますよね。

最新モデルの土鍋泡火炊きみると、お米一粒が一粒たっていて美味しそうなのが伝わります。どうして甘味のあるご飯が炊けるのか動画でチェック♪

\みるとお腹空いてきちゃいますよ~/

▼2022年発売新型JPL-S100はこちら


JPL-G100はこんな人におすすめ

  • 元々の多機能だけで十分
  • 新機種にこだわりがない
  • 値段を抑えたい人

JPL-S100との違い、は連続ノンストップ加熱と、自立式抗菌加工しゃもじで、その他の機能はJPL-G100と変わらず多機能なので十分美味しいご飯が食べれます♪

JPL-S100の方が2022年7月に発売された新機種なので、まだ14万円前後と価格が高い状態です。(2022年8月現在)

それに比べてタイガー炊きたて土鍋ご泡火炊きJPL-G100は2021年6月発売なので、発売当初より半額近く値段が下がっているので、値段を抑えたいが美味しいご飯を食べたい人にはおすすめです♪

▼新型より半額!?JPL-G100はこちら

タイガー土鍋ご泡炊きJPL-S100とJPL-G100をふるさと納税でお得にゲットする方法

タイガー土鍋ご泡炊きJPL-S100とJPL-G100は、どちらもふるさと納税対象商品です。実質2,000円のご負担でお得にゲットできますよ。

▼JPL-S100ふるさと納税はこちら

 

 

▼JPL-G100ふるさと納税はこちら

 

 

タイガー土鍋ご泡炊きJPL-S100とJPL-G100の共通機能(新型と旧型)

タイガー土鍋ご泡炊きJPL-S100とJPL-G100の共通機能についてまとめてみました!

共通機能は、10つあります。

  1. 本土鍋(蓄熱性の高い内鍋)
  2. 土鍋ご泡火炊き(最高温度が280度で甘味を最大限引き出す)
  3. 多段階圧力機構(おこげも楽しめる)
  4. ハリつやポンプ(過剰な熱と蒸気を取り除きハリと弾力を維持)
  5. おひつ保温(保温でご飯の香ばしさと弾力)
  6. 3段階火加減調整機能
  7. 食感炊き分け5段階(しゃっきり~もっちりまで選べる)
  8. 銘柄巧み炊き分け(70銘柄の炊き分け)
  9. 一合料亭炊き(少量炊き込みでも美味しく炊ける)
  10. タッチパネル操作(炊飯器本体ボタンは最小限)

10つの共通機能の充実さに驚きですよね。

「お米一善から料亭の味」にこだわっているだけある機能の充実さ♪

このJPL-Aシリーズは、

  • GetNavi×家電 Watch 「家電大賞2020-2021」炊飯器部門 金賞
  • 「家電批評」 2020年度炊飯器部門ベストバイオブバイザー1位
  • 徳間書店「GoodsPress」GP Award 2020 生活家電部門 毎日絶品ご飯賞
  • 光文社「VERY」2021.2月号みんなの買ってよかった家電大賞食卓盛り上げ賞
  • 「MONOQLO」2021年ベストバイオブザイヤー

と家電のアワードで8冠も受賞されているシリーズで好評価が高いモデルですよ♪

では、詳しく新型JPL-S100と旧型JPL-G100の共通点をご紹介しますね。

機能や効果①土鍋ご泡火炊き

 

本物の土から出来た「本土鍋」を使って、最高温度280℃の高火力で甘みと旨みがあるご飯を炊く事が出来ます!

厳選された土を使い、温度にムラがでないように焼成温度も管理され、、IHの熱がしっかりと伝わる本土鍋の内側鍋が作られました。

この土鍋のおかげでタイガー炊飯器の「美味しい」となる基本的な部分の特徴ですね♪

機能や効果②多段階圧力機構

圧力をコントロールする事で、仕上げ段階の蒸らし温度を維持しながら優しく温度変化させ、お米の甘さを引き出してくれます!

機能や効果③ハリつやポンプ

高温蒸らし時に出る過剰な熱と蒸気を取り除いて、余分な水分をコントロールしてくれます。高音を維持しながら仕上げ、ご飯にハリと弾力、甘味を引き出します。

機能や効果④おひつ保温

 

本体の底にある温度センサーで呼吸が必要か考えて調整して美味しく保温してくれます!おちつ保温では、長時間保温してもご飯の変色が少なくすみます。

タッチパネルで保温時間も表示されるので安心ですよね。

機能や効果⑤3段階火加減調整機能

白米と炊き込みご飯、一合料亭炊きでおこげが楽しめます!

おこげ好きには嬉しい機能ですよね♪

 

機能や効果⑥食感炊き分け5段階

しゃっきり、ややしゃっきり、標準、ややもっちり、もっちりの5段階で炊き分けてくれて、チャーハンやカレーなど献立に合った炊き具合が好みに変えられます♪

 

機能や効果⑦銘柄巧み炊き分け

 

70種類の銘柄それぞれのお米に合った炊き方をしてくれる機能です!

ボタンで操作できるので簡単に銘柄を選ぶことができますよ。

機能や効果⑧一合料亭炊き

 

白米0.5合〜1合、炊き込みご飯1合を一合料亭炊き専用中ぶたを使ってふっくら甘みのあるご飯を炊いてくれます!

機能や効果⑨お手入れ簡単

 

毎日使う炊飯器ですので、お手入れが簡単なのが使いが手がいいです。

内ぶたを外すだけですし、食洗器にも対応しているので楽ですよ。

機能や効果⑩タッチパネルが大きい

タッチパネルが大きく設計されていて押しやすく簡単操作が可能です。

見た目もデザインがマットな色でどんなキッチンにも馴染みます。

▼新型JPL-S100はこちら


JPL-S100の口コミレビューや評判!調理モードなど詳しくはこちらでご紹介>>>
▼旧型JPL-G100はこちら

JPL-G100の口コミレビューや評判!調理モードになど詳しくはこちらでご紹介>>>

タイガー炊飯器JPL-S100とJPL-G100の違いを比較!どっちがおすすめ?のまとめ

タイガー炊飯器JPL-S100とJPL-G100の違いについて比較してまとめてみました!

JPL-S100とJPL-G100の違いは、JPL-S100に連続ノンストップ加熱と自立式抗菌加工しゃもじが付いてる、価格の違い3つで、その他の機能は同じ多機能な炊飯器です。

どちらも美味しいご飯は炊けますが、更に美味しさを求めるならJPL-S100の炊飯器、値段を抑えたいのならJPL-G100の炊飯器を選ぶといいでしょう。
▼新型機能3つ搭載JPL-S100はこちら


JPL-S100の口コミレビューについて詳しくはこちらでご紹介>>>
▼新型の半額!?JPL-G100はこちら

JPL-G100の口コミレビューについて詳しくはこちらでご紹介>>>

タイトルとURLをコピーしました