教育 Eテレ

Eテレ【えいごであそぼう】幼児向けの英語学習には不向き?

投稿日:

スポンサーリンク

幼児英語学習にどう取り組もうか。学ぶ種類も多様に悩みますよね。

「3歳児までに英語を聴かせないと英語の耳は発達しない!」

「日本語ができないうちに英語を聴かせると、どちらもしっかり覚えない!」

など。。早くから英語の勉強させるのは賛否両論だと思います。

 

私が幼児教育に興味を持ち、少しずつ始めたいと思うようになって心掛けていることはたった1つ

「子供が楽しいか」どうか。

 

最近、天才キッズ番組特集も観ますが…幼少期に楽しかったり、興味を持って親がそれに気付き応援できるかで、子供の頭脳発達は伸ばせると思います。

なので、興味を持たせるのも親の役目だし、興味を伸ばすのも親の役目。

って難しく考えるときりがないので、我が家の英語の取り組みは、「NHKえいごであそぼうwith Orton」から、英語に触れ合っています。

スポンサーリンク

「NHKえいごであそぼうwith Orton」について

【放送時間】

Eテレ:月~金曜日 午前 6時45分~6時55分(10分)

再放送:月~金曜日 午後 5時10分~5時20分(10分)

朝早いので、もちろん録画しています。

【番組内容】

一つ一つの発音を確認しながら学んでいく番組なので、コミュニケーションや文法は不向き。
なので、「英語の世界もあるよ~」という感覚で観る分にはいいかな~と。

 

NHKえいごであそぼうwith Ortonは、2017年4月にリニューアルされつまらない!?

以前の番組の方が面白かったという方も多いですが、我が家は英語あそぼうは大好評中です。

だって、だってね?ほとんど日本語なんですもん(笑)

息子は、8カ月頃は興味をまったく示さなかったですが、1歳超えてから毎日観ています。

オープニングのクジラの絵が特にお気に入りで、「くじらさんだぁ~」と声をかけると目をキラキラさせてみます。

 

好きなコーナーは、「Orton Town・体操クラブ」コーナーの、たなかりえ先生が全身を動かしながら楽しくExercise!はリズムネタがいいのか、たなかりえ先生が好きなのか、このコーナーの食いつきがいいこと(笑)

また、アメリカ・ニューヨークからやってきたパフォーマー、Keith MiddletonによるRHYTHM SHOW。最後まで見ると、3つの「えいごの音」がひとつの物語になっていてこちらもリズムネタ。

1歳2カ月なので、音楽のリズムネタが面白いみたいですね。

 

逆に興味を示さないコーナーもあり、「EAT THE WORLD」コーナーは、日本で暮らす世界の人たちの家を訪ね、家族3世代・3人で料理をおしえてもらおう!ということで、ストーリーがあるものはつまらない様子ですね。

 

スポンサーリンク

まとめ

興味を持つ年齢はその子によって違いますが、幼少期の成長は早くたった2カ月違うだけで観る姿勢が違ったのが驚きました。

「この子は興味ないから、ダメ」と決めつけずに、時間をかけてみるのも1つの手ですね。

まだ言葉は話せないですが、「あぁ~」とか「うぅ~」など、TVに向かって話していて楽しそうなので、英語が難しい、嫌いにならないようにゆっくり遊びながら勉強できればいいなぁ~と思います。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

natuimako

はじめまして。「のんびりプラス」運営者、「夏井まこ」と申します。30代専業主婦で、初めての育児に奮闘中。 育児を中心に生活の中で小さなプラスを発信していきたいと思います。 よろしくお願いします。

-教育, Eテレ

Copyright© のんびりぷらす , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.