産後ダイエット・主婦の美容

青汁を授乳中に飲めるのはグリーンミルクがオススメ!

更新日:

スポンサーリンク

青汁は、自宅で簡単に栄養の摂取が取れる人気アイテム。

青汁は積極的に授乳中にも取り入れたいけど、どんな青汁でもいいってわけではありません。

授乳中は赤ちゃんにも栄養がいくので、青汁の選び方が間違わなければ積極的に取り入れたいですよね。

そこでこの記事では、授乳中でも飲める青汁を紹介します。また青汁は子供の栄養にも欠かせない存在なので子供にもオススメな青汁を紹介します。

\今だけ限定!初回500円/

そもそも青汁とは?

青汁とは、緑葉野菜を絞った汁の総称です。

  • EPA(中性脂肪を低下させる、エイコサペンタエン酸)
  • DHA
  • ビタミン
  • ミネラル
  • 酵素
  • 鉄分
  • 食物繊
  • カルシウム
  • 葉酸

などの栄養素が多く含まれています。

それらの栄養素は、食品のみで摂取するとなかなか取れないのが現実です。

 

子供の栄養素に欠かせない!青汁の大事な要素とは?

偏食や感情の起伏が激しい、運動が苦手、怪我や体調不良、落ち着きがない、集中力がないなど子供の成長に気になる方。

また、授乳中で子育てに忙しく栄養バランスを考えた食事が作れない、外食やコンビニ食で済ませてしまうママ。

これらの悩みがある方は、どうにか栄養バランスを考えたいですよね。

きちんと栄養を摂取することで、子供の成長を助ける役割があるんです。

グリーンミルク青汁の成分と栄養価は子供に必要って知ってる?

「グリーンミルク青汁」は、子供から大人まで飲める栄養価の高い青汁って知っていますか? 特に子育てママには強い味方で、たった1杯のコップで牛乳3杯分のカルシウムが摂取できるお手軽な青汁なんです。 &nb ...

続きを見る

授乳中に青汁を飲んでもいいの?

結論から言うと、授乳中に青汁を飲んでも問題はありません。

青汁は上記で述べたように栄養価が高く、積極的に摂取したいです。

また、妊娠中の場合ですと最近注目を浴びている"葉酸"も多く含まれています。

この葉酸は、妊娠中だけではなく、産後のママの体力回復にも役立つ成分なのでおすすめです。

 

授乳中に飲むと母乳が青汁の味にならない?

医学的には授乳中にママが食べた食品の味は移らないそうですが、地域の母乳指導では、辛い食べ物や苦み、濃い食品は母乳の味に影響が少なからずあるので控えましょうと教わりました。

要は、偏食にならないようにバランスを取れた食事にしましょうということです。

しかし、子育てで忙しいと栄養バランスを考えた食事なんて考える余裕もなく、母乳あげて寝かしつけで精いっぱいですよね~(笑)

 

ちなみに授乳中に青汁を飲んでいましたが、赤ちゃんの様子は変化なくゴクゴク飲んでいました。

心配の方は、母乳外来など専門家に相談しましょう。

 

授乳中に青汁を飲む注意点は?

青汁を飲むには、牛乳と合わせて飲む方も多いと思います。

そこで気を付けたいのは冷たい飲み物のとりすぎは身体を冷やすのでほどほどがいいです。

 

また、青汁と言っても市販や通販と言った種類は沢山あるので選び方に注意が必要です。

例えば、市販の青汁は安いものもありますが、あくまで大人の健康に必要な栄養素がメインなので、オススメはしません。

授乳中や妊娠中でも飲めるといったメーカーがきちんと表示されている青汁を選びましょう。

 

控えたほうがいい青汁のメーカー

授乳中や妊娠中でも飲めると記載したメーカーとは逆に、説明書に記載がなかったり「医師に相談してからの飲用をお勧めします。」や「妊娠、授乳中の方および幼児のご使用はお控えください」とハッキリ書いてあるマーカーもあります。

授乳中に控えた方が良いと書いてあるメーカーはコチラ!

  • えがおの青汁満菜
  • 極の青汁
  • ヤクルトの青汁
  • キューサイのはちもつ青汁

がきちんと説明欄に記載があります。

妊娠中や授乳中の方は説明欄を必ず確認してくださいね。

 

 

青汁が授乳中の赤ちゃんへの悪影響は?

青汁を飲む際に、赤ちゃんへの悪影響が気になる方も多いと思います。

代表的に気になることと言えば、3つ!

はちみつ

はちみつと聞くと、甘くておいしいや健康にも良いというイメージですが、はちみつにはボツリヌス菌が入っています。

腸内環境が未発達で、抗菌作用があまりない赤ちゃんがはちみつを摂取してしまい呼吸困難や便秘を引き起こすものです。乳児にはちみつを摂取する場合は、1歳以上です。

子供に与える場合は、はちみつが入っているのか確認しましょう。

 

カフェイン

カフェインと聞くと有名なのがコーヒーだと思います。

青汁にもクセや匂いを和らげるのに、抹茶や緑茶が加えられていることがあります。

この抹茶や緑茶がブレンドしてあるとカフェインが含まれてしまうので注意が必要です。

ただ、授乳中の方でも過剰に摂取すなけらば問題はないでのメーカーの規定の量を守り1日2~3杯くらいなら飲んでも影響はありません。

 

市販の安い青汁は食品添加物や残留農薬

妊娠中や授乳中に限らず、食品添加物や残留農薬は日頃から気を付けたいですよね。

実はあまり知られていませんが、残念なことに日本は農薬を使う国TOP3に入っています。

もちろん身体に影響がないように農薬も規定がありますが、出来る限り原材料がきちんと明記されているメーカーを選びましょう。

 

授乳中の青汁はどこのメーカーがおすすめ?

青汁も種類が多く悩みますよね。味が飲む安く、妊娠中や授乳中に飲めるのがグリーンミルク

グリーンミルク青汁は、保育園でも採用されているだけあって、国産100%無添加の野菜を使用したり、58種類の野菜酵素、妊娠中や授乳中でも飲めるのが人気なんです。

またママだけではなく、子供や旦那様、お母様やお父様も家族全員が安心して飲めるということです!

特にお子様向け青汁というだけあって飲みやすさも人気の1つです。

\図をクリック/ 「グリーンミルク青汁」限定500円はコチラ>>>

 

 

授乳中の青汁は、飲みやすいものを選ぼう!おすすめアレンジの飲み方

授乳中でも青汁を飲むことは大丈夫ですが、続けることが大切ですね。

青汁は全然大丈夫と言う人もいますが個人差があるので、飲みやすい方法を紹介します!

 

牛乳と青汁は最強!子供も栄養バランスが取りやすい

牛乳と青汁の組み合わせは最強ですね。味がマイルドになり飲みやすいアレンジNO.1ではないでしょうか。飲みやすさも良いですが、牛乳にはタンパク質やミネラル、カルシウムも多く含まれているので相性がいいですね。

 

豆乳と青汁は癖がなくなる!

豆乳の牛乳に引き飲みやすい組み合わせですね。

また女性に大事な大豆を原料としている豆乳は、イソフラボンなど多く含んでいます。

また、青汁の野菜の力と豆乳が持つ大豆の力は、相乗効果も絶大!積極的に取り入れたい方法です。

 

ヨーグルトと組み合わせて腸内環境!産後の便秘とおさらば!

私は、妊娠中から産後の便秘には悩んだ1人です。

ヨーグルトにはご存知の通り乳酸菌が含まれているので、腸内環境を整えるだけではなく、便秘解消や免疫力も高めてくれます。

授乳中は特に風邪を引きやすかったり、ママの体力不足にもなりますので、嬉しい栄養でもありますね。

 

クッキーなどに入れても美味しい!

子供に食べさせたいときには、クッキーやホットケーキに入れてもOK!

粉末なのでこっそりお菓子に入れていいのは嬉しいですよね。

グリーンミルク青汁の口コミ評判は美味しいって本当?徹底調査!

子育てママは常に忙しいですが、子供や家族の栄養を気にしたことありませんか? 忙しくてもママは頑張り屋さんだから栄養があるものを作っても、子供が好き嫌いして栄養面の偏りがやはり心配になりますよね。なによ ...

続きを見る

青汁は授乳中に飲める?のまとめ

妊娠、出産、産後の授乳とママは赤ちゃんを授かってから休む間もないくらい大変ですよね。

正直栄養バランスの取れる食事なんて考えられないほど、1日あっという間に過ぎていきます。

しかし母乳育児をしているならこそ!しっかりママ自身栄養バランスは考えたいところ。

青汁は栄養バランスはもちろん、ママの身体の味方のドリンクと言っても過言ではないです。

\図をクリック/ 「グリーンミルク青汁」限定500円はコチラ>>>

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

いちか

2歳差男の子兄弟を子育て中の30代専業主婦です。 子育てを中心に生活の中で小さなプラスを発信していきたいと思います。 よろしくお願いします。

-産後ダイエット・主婦の美容
-, ,

Copyright© 2人兄弟子育てブログ~のんびりぷらす~ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.