行事や遊びスポット 育児オススメグッズや情報

お食い初めは木曽路に行ってきました。気になる料金と流れをレビュー

更新日:

スポンサーリンク

誕生から100日がたち、お食い初めの行事がありますね。

お食い初めを外食or自宅でやるか悩みます。

私は里帰り出産していなかったので体力が戻っていなかったのと、実母が遠くに住んでいて頼れない状況…。

ましてや、息子は寝ないタイプだったので準備する時間はありませんでした。家でやるなんてもってのほか(笑)。

また、お食い初めセットで宅配も検討しましたが、写真はきれいでも到着して幻滅するのも嫌だなぁ~ということで、我が家は全国展開している木曽路に決定。

 

では、金額いくらかかる?赤ちゃん連れてのお出かけで不安?な事など…まとめてみました。

 

お食い初めとは

百日祝い(ももかいわい)とは、生後100日目(または110日目、120日目)に行われる儀式。お食い初め(おくいぞめ)とも呼ばれている。

「真魚(まな)始め」または「食べ初め」、初めて箸を使うので「箸揃え」「箸初め」とも呼ばれるほか、祝う時期が生後100日前後であることから「百日(ももか)の祝い」「歯がため」と呼ぶ地域もある。「一生涯、食べることに困らないように」との願いを込めて食事をする真似をさせる儀式である。この儀式は、平安時代から行われてきたものである。江戸時代には、生後120日経つと、飯や魚、5個の餅、吸い物、酒などの膳部(ぜんぶ:膳にのせて供する食物・料理)をそろえて幼児に食べさせる真似をした。

祝い膳とは

伝統的な形の「お食い初め」は、一汁三菜の「祝い膳(いわいぜん)」が用意される。これには鯛など尾頭(おかしら)つきの魚および、赤飯・焚き物・香の物・紅白の餅のほか、吸う力が強くなるようにとの考えから吸い物(汁物)、歯が丈夫になるようにとの考えから歯固め石が供される。「歯固め石」は古くからの習わしでは地元の神社の境内から授かるもので、儀式が終われば再び境内へ納める。小石の代わりに固いクリの実を供する地域もある。食器は正式には漆器で高足の御膳にしつらえる。器の漆の色も赤ちゃんの性別で異なり、男児は内外ともに赤色で女児は黒色で内側が赤色である

引用:Wikipedia

では、まず事前予約です

予約の前に、大人が食べる食事(しゃぶしゃぶ、すき焼き、御膳など)メニュー選び。

日程とメニューが決まったら電話予約しました。

店舗にもよりますが、1ヶ月前に予約した際、個室が満席だったので早めに電話予約はしたほうがいいですね。

 

当日の服装

個室なので、私服で大丈夫です。個室は、畳に掘りごたつでした。店舗にもよりますが、個室の種類もあるそうで電話予約の際に、部屋を聞いておくとママの服装(スカートで行っても大丈夫かなど…)が決めやすいですね。

また息子は、しまむら系列のバースデイで購入した、なんちゃってタキシードの洋服(サイズ70)を着せました。少し大きめサイズでしたが、その後の初節句のお祝いなども着せれたのでお祝い事?として購入してよかったです。金額は1,480円でした。

 

当日の流れ

予約しているので到着してすぐ個室に案内です。

座席の配置が嫌だった場合交換してくれます。我が家は、夫婦の間に息子のお食い初めセットを配置してもらい、息子は座布団にバスタオルが広げられている簡易ベットの所に。そして、お食い初めのあげるやり方が分からない方は説明してくださります。あげる順番のお品書きがあるので、説明なくてもお品書き通りに進めばわかりますよ。

では、お食い初めセットが運ばれます。お箸でチョンチョンしたら息子はなんだか嬉しそうでした。お義母さんに頼みビデオ撮影もバッチリ。周りを気にせず撮影できるのは、個室のいいところですね。

お食い初めが終わると大人達の食事です。ちなみに私たちは、しゃぶしゃぶ食べました。ポン酢とゴマだれ薬味があり、特にゴマだれが美味しかったですよ。しかし、上品すぎてさっぱりな感じだったので、男性には物足りないかな~と。ガッツリ食べたい人は、すき焼きなど味が濃い方がいいかもしれません。

 

赤ちゃんがグズった場合は、大人が先に食べることも可能だそうです。

 

食べ終わりゆっくりしたのち、スタッフさんが写真を撮ってくれます。帰りの時に写真をもらい、お土産として、鯛をタッパーに入れてくれますので、自宅で食べるのも良し、自宅で写真撮るのも良しですよ。

関連:手作り王冠の作り方

 

万が一グズッたりした場合

息子はグズルことはなかったですが、別の部屋で泣いている声が聞こえたので、かしこまらなくても大丈夫です。

店舗にもよりますが、友人は母乳をあげるのに義理の両親の前だと気まずかったので、スタッフに言って空いている個室で母乳あげたそうです。

お食い初めをやっているだけあって、何か気になることがあればすぐに対応してくれるところは安心ですよね。

 

気になる料金

電話予約の時に、金額も計算してくれますので事前にいくらかかるかわかるので慌てなくて大丈夫です。

最低、かかるお金

赤ちゃんのお食い初め膳(2,500円税抜き)+大人1人(4,000円税抜き)×人数+個室(10%)

この上記以外に、お食い初めの鯛を尾頭付きなど種類変更(バージョンUP)したければプラスかかりますし、お酒や天ぷらなど別に頼むとプラス料金です。

我が家は鯛の変更しなかったですが、立派だったのでお食い初めセットはそのままで十分かと思います。

ちなみに最安値で行きたい場合は

店舗にもよりますが、平日のランチが一番安いです。

平日ランチ⇒平日の夜⇒土日のランチ⇒土日の夜⇒の順で大人料金に変動があります。

番外編:最もゆっくりできる穴場の時間帯は

ランチとディナーの間です。

個室なので90分制(店舗にもよります)と時間が決まっていますが、ランチの最後の時間に予約すると後がいないので、ゆっくりできるそうです。

 

メリット

お食い初めの食器を購入しなくていい。(食器は一度使用のみで、処分しづらいですよね)

準備や後片付けしなくていい。

当分外食できないのでリフレッシュできる。

 

デメリット

自宅より金額が少し高めかなと思います。

 

まとめ

息子は今6ヶ月になりましたが、5ヶ月の時にファミレス行ったら人見知りが始まっていて大泣き。

当分外食は出来ないので、人見知り始まる前に外食は、ママ自身のリフレッシュにもなりますよ。

切迫早産で入院+帝王切開の傷が痛むで、私は産後体力がまだ戻っていませんでしたので、自宅で準備はとうてい無理でした。

金額は自宅でやるより高めかなと思いますが、全部任せられるので手間が省けます。

100日の赤ちゃんの微笑んでいる様子は、この時期の一瞬しか見れませんので思い出になりました。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

natuimako

はじめまして。「のんびりプラス」運営者、「夏井まこ」と申します。30代専業主婦で、初めての育児に奮闘中。 育児を中心に生活の中で小さなプラスを発信していきたいと思います。 よろしくお願いします。

-行事や遊びスポット, 育児オススメグッズや情報

Copyright© のんびりぷらす , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.