ドラマ

中津峡の紅葉2022見頃時期や混雑状況は?駐車場やアクセス方法も紹介!

スポンサーリンク

中津峡は、奥秩父の紅葉が美しい「奥秩父大滝紅葉まつり2022」の中の有名な中津峡の紅葉スポットになります。

中津峡は、奥秩父北東部に位置する渓谷です。約10kmに渡る渓谷は、カエデ・ナナジャマド・ツツジ類が紅葉する、県の名勝地に指定されています。県道入口から最奥の中津川地区まで、高さ100mもある断崖絶壁や奇岩が連なっているのが特徴です。

 

この記事では、中津峡の紅葉2022見頃時期や穴場スポットや混雑状況、駐車場やアクセス方法を紹介します。

中津峡の紅葉2022見頃時期や穴場スポットは?

中津峡の紅葉2022見頃時期は、10月下旬から11月中旬となっています。

樹木は、カエデ・ナナカマド・ウルシ・ブナ・モミジなどとても色鮮やかに紅葉が楽しめるスポットになっています。

 

この中で、おすすめポイントがあります。

持桶トンネル手前にある持桶女郎モミジは、色鮮やかで人気です。大滑トンネルや永世戸山の紅葉も、見応えがあります。赤や黄色に染まった木々の光景は、圧巻の一言です。

 

もし、写真を撮るなら、朝一かお昼頃に撮ると紅葉と山が綺麗に撮れます。他の時間帯ですと、山の影がうつりこんでしまうので、午前中までに行ける方は是非時間も気にして絶景な写真をおさめるのも思い出の一つになりますね。

 

 

 

中津峡の紅葉2022混雑状況は?

中津峡の紅葉2022の混雑状況を紹介します。

先ほど、見頃時期は10月下旬から11月中旬とお伝えしましたが、ちょうどその際に、奥秩父で、大滝紅葉まつり2022が同時開催されます。

 

中津峡の混雑は、平日でそこそこ訪れますが、土日祝日なると、平日以上に多くの人が訪れる渓谷です。

 

土日祝日は、車やバイクが止まっていたり、片側車線交通規制が行われたりするため交通渋滞が起こります。

土日祝日に中津峡へ行かれる方は、早めに訪れた方が良いかもしれません。

 

 

中津峡の紅葉2022アクセス方法は?

土日祝日は、車やバイクが止まっていたり、片側車線交通規制が行われたりするため交通渋滞が起こります。

土日祝日に中津峡へ行かれる方は、早めに訪れた方が良いかもしれません。

 

車の場合ですと、関越道花園ICから国道140号経由、もしくは中央道勝沼ICから国道140号経由で行くことができます。

どちらにしても都心からはかなり離れたところにあるので、計画を立てて行くことは必須になってきますね。

中津峡の 紅葉に出かけるときに困るのが、駐車場です。

中津峡には駐車場がないので、ドライブしながら通り過ぎるか、所々にあります休憩所をご利用いただけます。

 

まつり開催期間中は三峰神社の駐車場のほかに、臨時駐車場も用意され、イベント会場までは送迎バスが運行します。

 

最寄停留所から徒歩すぐ。最寄停留所は、「相原橋」。

 

電車でアクセスするなら、秩父鉄道三峰口駅から西武観光バスに乗って「相原橋」で下車すると到着することができます。所要時間はおよそ50分ほど。

後藤商店さんの猪汁と中津芋も美味しかったそうで、中津峡へ行かれる方が立ち寄る後藤商店さんも気になりますね(^^)/

 

 

中津峡の紅葉2022見頃時期や穴場スポットは?混雑状況を紹介!まとめ

県の名勝地に指定されているので、1度は高さ100mもある断崖絶壁や奇岩が連なっているのも紅葉の季節に一度は行ってみたいですね(^^)/中津峡の紅葉も素敵な思い出になりますね。

-ドラマ
-,